外来診療、訪問診療、デイケア
金沢文庫駅西口より車で6
お問い合わせ
tel 045-353-5015

認知症初期集中支援チーム

認知症初期集中支援チームの活動

医療法人社団 志朋會は平成28年9月より横浜市の認知症初期集中支援推進事業を委託されております。本事業は市内各区に1医療機関が割り当てられ、金沢区では当診療所が担当を請け負っております。各区独自にチーム名に対しニックネームを付ける事ができるため、金沢区では協議の上、『かなざわオレンジサポートチーム』というネーミングを採用し、活動に親しみが持てるような工夫をしております。以下で活動についての概要をお知らせします。

認知症初期集中支援チームとは

複数の専門職が家族の訴え等により、認知症が疑われる方や認知症を発症された方及びそのご家族を訪問し、受診の必要性などの評価、家族支援等の初期の支援を包括的・集中的に行い、自立生活のサポートを行うチームのことです。
言い換えれば、認知症の方の様々な問題が出てきてから外来に受診頂くまで待つのではなく、出来得る限り認知症の病状が進行していない初期の段階で適切な医療と介護につながって頂くために、医療機関のスタッフが直接ご自宅に伺い支援する活動の事です。
当診療所のチームは認知症専門医である院長と、看護師、精神保健福祉士等で構成しています。

どのような方が対象となりますか

40歳以上で在宅にて生活している、認知症の方や認知症が疑われる方のうち、
  • 医療サービス、介護サービスを受けていないか、または中断している方
  • 医療サービス、介護サービスを受けているが認知症の行動、心理症状により対応に苦慮している方

どんなことを行うのですか

  1. チーム員が自宅に訪問し、家族や本人と面談を行います。
  2. 専門医療機関への受診が必要な場合、勧めていきます。
  3. 介護サービスの利用の必要性を判断し、食事、運動など生活環境の改善に向けてのアドバイスを行います。
  4. かかりつけ医がいる場合は連携して、継続的な医療支援を進めていきます。

どのくらいの期間かかわるのですか

お一方につき最長で約6か月です。
ただし活動期間終了後も2ヶ月毎に経過観察を継続して行きます。

相談したいときはどうすればよいのでしょうか

金沢区役所4階の高齢・障害支援課、または、お住まいの担当エリアの地域ケアプラザ(金沢区には9か所の地域ケアプラザがあります)にご相談ください。

参考までに金沢区内の各地域ケアプラザを掲載いたします。
当診療所では金沢区在住の方のみが対象となっています。
他区にお住まいの方につきましては、詳しくは居住地の各区役所にお問い合わせください。