外来診療、訪問診療、デイケア
金沢文庫駅西口より車で6
お問い合わせ
tel 045-353-5015

外来診療案内

外来担当医表

9:00~12:00
-
13:00~15:00 - - -
-
一般外来(山田医師、小西医師、佐藤医師)
発達外来(第一土曜日:藤田医師)、もの忘れ外来(第三土曜日:小田原医師)
心理テスト・カウンセリング(土井心理士)

受診の方へ

  • 初診・再診共に完全予約制となっておりますので、診療時間をご確認の上、電話でご予約ください。初診時はかなりお時間がかかりますので、余裕を持ってお越しください。連絡が無く約束のお時間より30分以上ご来院が無い場合は、予約をキャンセルさせていただきます。
  • ご家族だけの相談診療もお受け致します。その際は全額自費診療となりますのでご了承ください。
  • 受診の際には、健康保険証・医療証・介護保険証、お薬手帳などをお持ちください。
  • 他の医療機関におかかりの場合は、可能な限りで結構ですので紹介状をお持ちください。
  • カウンセリング・心理テストだけの受診はできません。

費用

  • 各種医療保険、自立支援医療制度がご利用頂けます。
  • カウンセリングは1回50分で5000円の費用がかかります。予約時に予約料として2500円をお預かり致します。当日キャンセルの場合は、予約料は全額頂戴致しますのでご予約の日時には十分ご注意ください。

診療案内

薬物療法
心の病は脳の神経伝達物質のアンバランスを生じさせると考えられており、それらの改善はかるため現在は様々な薬剤が開発され治療に利用されています。使用する薬物の組み合わせや選択等により、薬物療法は飛躍的に進歩しており治療効果および安全性も向上しております。当院では、必要最小限の薬物使用による適切な処方を心がけて参ります。
精神療法
患者様のお話を受容的、共感的にお聞きします。また、ご自分の思い込みや偏ったとらえ方を認知行動療法的に向き合うことで改善を目指したり、薬物療法が奏功する為のサポートを行います。
心理テスト
生まれながらの気質、成長過程で身についた性格傾向、物事の考え方の特徴について、また、心理発達傾向、知的レベル、認知機能などについて、医師が診療を行う上で必要と判断した場合、臨床心理士が各種心理テストを行います。結果については文書での提供は行いませんが、医師が診療の参考として利用する他、概要について口頭でご説明致します。
カウンセリング
臨床心理士が一対一の面接を通し、十分な時間をかけて患者様のお話をお伺いします。そして、日常生活を脅かす色々な問題点について共に考え、一人ではなかなか見つけられない解決方法を見出せるようお手伝いを致します。
日々のストレスの積み重ねで様々な自律神経症状(頭痛、動悸、不眠、腹痛、咳嗽、その他)が出現することはよく知られた事実ですが、思いを誰にも打ち明けられずなかなか解消出来ないまま我慢の日々を送っている方も多いのではないでしょうか。定期的に思いを語る事で心が軽くなり、思考内容が整理できるほか、抱えた解決の糸口に自ら思い当たる事もあります。話し合い、対話を通じて最終的にはご自分の力で問題を解決できるよう、また自分に自信が持てるようお手伝いを致します。

外来診療から訪問診療へ

樹診療所では継ぎ目の無い診療対応が可能です。
当診療所では、ご本人の介護度が増した、ご家族の事情で負担が大きくなった、など様々な理由で通院の継続が困難になった場合、一定の基準を満たせば訪問診療に切り替える事ができます。当診療所通院中の方はもちろん、他の医療機関に通院中の方でもお受け致します。医療福祉相談室まで随時ご相談下さい。

症状について

このような症状がある方はご相談下さい

  • 眠れない日が続く
  • 不安や恐怖を感じる
  • 疲れがとれない
  • 集中できない
  • 気分が沈む
  • 心や身体に不安な方
  • 会社や学校に行けない
  • イライラしやすい
  • やる気がおきない
  • 忘れっぽくなった
  • 人の視線が気になる
  • 胸がドキドキする
  • すぐ焦ってしまう
  • 他人の声が聴こえる
  • もの忘れをしやすくなった
  • 冷汗が出る
  • 乗り物に乗れない
  • 緊張するとお腹が痛くなる
  • 人ごみや狭い場所で動悸や過呼吸が起きる
  • 体調が悪いのに病院で検査をしても異常がない
  • 気持ちのコントロールができない
  • 何度も確認したり手を洗ったりすることを止められない
  • 人前で緊張して赤面したり声が震える
  • 食事を自分でコントロールできない(拒食、過食)
  • 他人には見えないものが見える
※ その他気になる症状がありましたらお気軽にご相談下さい。